ビッグバン ビッグバンってなんですか。ビッグバンは、138億年前に、直径1cmの1兆度以上の熱い火の玉から始まって、宇宙空間が膨張して、原子核や原子を生成し、さらに星や銀河や全ての元素を生成しながら、現在の直径930億光年に至る、宇宙の姿になったとする理論です。【注意】1大ビッグバンってなんですかを年間68万円削るテクニック集!。ビッグバンって、なんですか わかりやすく教えてください 大蔵省/日本版ビッグバンとは。金融システム改革日本版ビッグバンとは世紀の高齢化社会において。
我が国経済が活力を保っていくためには。兆円にも上る個人金融資産がより
有利に運用される場が必要であり。これら資金を次代を担う成長産業へ供給して
いく金融ビッグバンとは。わが国では年の「金融システム改革のプラン」に盛り込まれた政策のこと
ビッグバンの本来の意味は。宇宙誕生の原因となった大爆発のこと。 もともと
金融ビッグバンとは年の英国における証券市場改革をさす。ここでは手数料ビッグバンとは何。ビッグバンとは。英語の大爆発だいばくはつという意味の言葉です。そして
そのとおり。大爆発のことなのです。

5767年話題になったビッグバンってなんですかサービスまとめ。ビッグバンとは何。「ビッグバン」の意味は 宇宙の始めの大爆発のこと。国語辞典では「
ビッグバン」の意味や使い方。用例。類似表現などを解説しています。ビッグバンの前の宇宙ってどうなってたの。前段。エントロピーの謎 まず。宇宙のもっとも奇妙な性質のひとつは。その
エントロピーが非常に低いということです。エントロピーとは。big。ビッグバンとは。意味や解説。類語。1 宇宙の始めの大爆発。
ガモフらが唱えた説で。約億年前に起こった大爆発により。超高温?超高
密度の状態から急膨張しはじめ。急激な温度降下の過程で素粒子を生成し。今日
の宇宙がビッグバン。だから。ビッグバン以前はどうだったのかという疑問は。意味がないというか。
答えようがない。何もなかった。それよりいまのわれわれの宇宙とは何も関係が
ないという方がいいかもしれない。 宇宙が

ビッグバンとは。デジタル大辞泉 – ビッグバンの用語解説 – 1 宇宙の始めの大爆発。ガモフらが
唱えた説で。約億年前に起こった大爆発により。超高温?超高密度の状態
から急膨張しはじめ。急激な温度降下の過程で素粒子を生成し。今日の宇宙が
できたとビッグバン。

ビッグバンは、138億年前に、直径1cmの1兆度以上の熱い火の玉から始まって、宇宙空間が膨張して、原子核や原子を生成し、さらに星や銀河や全ての元素を生成しながら、現在の直径930億光年に至る、宇宙の姿になったとする理論です。 そして今も加速膨張を続けています。————詳細————-宇宙誕生以前は空間も時間もない「無」の状態でしたが、完全な「無」ではなく、量子論の「不確定性原理」により、エネルギーが0を維持する事ができず、エネルギーが増えたり減ったり揺らぐことにより、そこで絶えず素粒子が「エネルギーから生まれては、粒子と反粒子が対消滅し、エネルギーに戻る」を繰り返している状態でした。 この状態を「無のゆらぎ」と言います。ある瞬間、低エネルギー状態の安定が量子論の「トンネル効果」で破れて、素粒子のような小さな1点直径は10の-34乗cm=0.0000000000000000000000000000000001cmから宇宙時間と空間が誕生し、重力が生まれた後、真空エネルギーにより、光の速さを超えるスピードで急激な膨張を始めます。 これをインフレーションと言います。この時の急激な膨張により、宇宙は過冷却状態例えば、水が0度Cより下がっても液体のままと同じとなり蓄積されます。インフレーション終了間際で「真空の相転移」エネルギーの高い真空偽の真空から低い真空真の真空への変化 ? 例えば水が氷るに似ているが一気に起こる事により、潜熱例えば水が氷るときに開放される熱エネルギーの現象が起こり、宇宙誕生から、10の-34乗秒後=0.0000000000000000000000000000000001秒後には、膨大な熱エネルギーを一気に放出し膨張を始めます。 これがビッグバンの始まりです。この段階の宇宙の直径は未だ1cmほどでしたが1兆度以上という高温に達していました。 この時に電磁気力、強い力核力、弱い相互作用の力など、残りの3つの力も誕生します。この初期段階では原子の元になるクオーク陽子や中性子の元とグルーオン将来、原子核を作る力の粒子がバラバラのプラズマ状態で存在していましたが、宇宙誕生から1秒後には数種のクオークが合体し、陽子や中性子が誕生しました。その後、宇宙誕生から3分後~20分後の間に陽子=水素の原子核や中性子が核融合反応を起こして、ヘリウムやリチウムの原子核が生まれました。比率は水素:ヘリウム=3:1 、 リチウムは微量原子核と電子がバラバラで飛び交っているプラズマ状態が宇宙誕生から30~38万年後まで続いたあと、やっと原子核と電子が結びついて水素原子、ヘリウム原子、リチウム原子が誕生します。 この時、プラズマ状態から解放されて、光が直進できるようになったため、宇宙が澄み切って遠くまで見える状態になりました。 これを宇宙の晴れ上がりといいます。 この時の宇宙の直径は8000万光年くらいになっています。その後、宇宙誕生から1億8千万年後に、最初の星恒星が誕生し、水素の核融合反応で輝きだします。その後、宇宙誕生から4億年後にダークマターによって集められ、最初の銀河が誕生します。私たちの天の川銀河が誕生したのは、宇宙誕生から38億年後今から100億年前です。この間、恒星内の核融合によって、様々な元素が作られます。ヘリウムから鉄までの元素が恒星の内部で作られ、鉄以上の重い元素は、中性子星同士の合体により誕生したとされています。その後、宇宙誕生から65億年後今から73億年前にダークエネルギーによって宇宙が加速膨張を開始します。その後、宇宙誕生から92億年後今から46億年前に太陽系が誕生します。現在の宇宙の直径は930億光年となっていて、ダークエネルギーによって加速膨張を続けています。宇宙は無から出来ました。下記ホームページを参照ください。理論物理学という学問があります。これは宇宙の物理現象を数学的な計算式で考える事で遠い宇宙の彼方の現象などを予測する???という科学です。この理論物理学で有名な物にアインシュタインが相対性理論があります。アインシュタインは光の速度をこの宇宙の物理学上の絶対速度として考える事で19世紀までは謎とされていた事柄を色々と解明する事に成功したのです。その相対性理論の計算式の上ではいわゆる「理論上」ではこの宇宙は膨張していると考える事ができたそうです。しかし、もし宇宙が現在膨張しているのであれば昔々の大昔の宇宙は今より小さく狭かったと考えられます。そこで相対性理論の数学式を使って宇宙の過去の状態を理論上で計算してみると宇宙はズーッと昔には大きさがほぼ0であったという可能性が考えられるようになったのです。つまり、宇宙は最初は大きさがほぼ0だった状態で生まれそれが急速に膨張する事でドンドン大きくなって今のような広大な状態になったと考えられる???というのが相対性理論では理論上考えられています。この考えは最初は多くの人が疑っていました。しかし科学技術が進歩して宇宙の観測技術が発達すると宇宙の遠い場所にある天体は全て地球から遠ざかるように移動している事がわかってきました。どの方角の宇宙でも同じように地球から遠ざかる事が観測されその原因を考えた場合に個々に全ての天体が別々に同じ速度で地球から離れていると言う考えは不自然と考えられ逆に宇宙が膨張しているので結果的には宇宙の彼方の星が地球からどれも皆同じように遠ざかっていると考える方が合理的であるとされこれによって現在では相対論の宇宙の膨張説は多くの科学者に認められているのです。その結果として宇宙は昔、大きさ0から爆発的な膨張で生まれたという「ビッグバン」による宇宙誕生の説も現在では正しいのではないか?と考えられるようなになっている訳です。電磁波は電場と磁場の振動です。電場と磁場の振動が止まると電磁波はなくなります。電磁波=光と同様に、物質も「空間」の振動ではないでしょうか。ド?ブロイは物質が波であるとし、物質波の波長を「λ=h/mv」と表現しました。これを「ド?ブロイ波長」と言います。量子力学では物質を波動関数で表現します。そして「超ひも理論」では物質を超ひもの振動と考えます。超ひもが振動すると物質や光と見え、振動を止めると真空と見えます。宇宙が始まる前、空間は全く振動しておらず観測され得る現象は一切ありませんでした。すなわち、エネルギーE=0の状態です。ある時、0=プラスのエネルギー+マイナスのエネルギーとなりました。そして、プラスのエネルギーは我々が住む実数の空間を振動させ、マイナスのエネルギーはパラレルワールドである虚数の空間を振動させました。そのエネルギーにより「空間」が振動を始め最小単位のものが生じ、その相互作用により物質や光が出来て我々の宇宙とパラレルワールドが形成されました。エネルギーE=質量m×加速度a×距離l=質量m×距離l÷時間t^2×距離l=ml^2/t^2[J]です。虚数空間の距離=li=l√-1なので虚数空間のエネルギーE’=-ml^2/t^2実数空間のエネルギーE= ml^2/t^2です。したがって虚数空間のエネルギーE’+実数空間のエネルギーE=-ml^2/t^2+ ml^2/t^2=0宇宙が始まる前のエネルギー0の状態です。この様に、ビッグバンにより「空間」が振動を始め、点から現在の大きさに相似膨張したのです。「0=プラスのエネルギー+マイナスのエネルギーとなりました。」つまり、エネルギー0の状態=全く振動しない状態から、プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーが生じました。プラスのエネルギーは我々の実数空間を振動させ、マイナスのエネルギーはパラレルワールドの虚数空間を振動させたのです。こうして、我々の宇宙とパラレルワールドで物質が生じ、2つの宇宙が始まりました。この空間の場の膨張が収縮に転じ、我々の宇宙である実数空間のプラスエネルギーとパラレルワールドである虚数空間のマイナスエネルギーが合わさりエネルギー0になると、「超ひも」は振動を止めます。「超ひも」の太さは0なので、無数の「超ひも」は点に丸まります。空間には振動しない大きさの無い1点のみとなります。ですから、何も観測されるものはありません。後に残るのは、何もない空虚な「時間」と「空間」です。これが「宇宙の終わり」です。ですから、宇宙が始まる前も、」何もない空虚な「時間」と「空間」のみありました。詳細は、下記ホームページを参照ください。おっきな、バン、bang、バタンとかドカンとかのこと。前の方が言われているような事ですが、私は空間は元からあったと思っているので、これが現れ広がっているとされているビッグバン自体があったとは思えません。こういう事で回答しているので載せてみます。私は自分で宇宙を独自に考えているのですが、今まで科学で言っている太陽系が出来ているのとは違う考えです。太陽系が出来たのは学校でも習ったと思うのですが、宇宙に大量に浮いている物質が集まって来て、中心に太陽、周りに地球等の惑星が出来たとされていました。しかし私はそうではなくて、太陽は最初から熱の塊で初まっていた考えです。そして惑星は太陽から飛び出た物質が集まって出来ました。さて冥王星よりもはるか遠くに迄、惑星が公転になっています。果たして遠くまで公転のスピードが伝わって行く事が出来たでしょうか?例えば水道の水を洗面上の穴を塞いで一杯に入れて、それからその穴を開けると水がそこに落ちて行きます。水が少なくなって行った時に水の渦が起きます。未だ水がタップリの時は上で渦が起きてません。穴に近くなって行って、始めて渦になって行く事に似て、周りにある物質があっても、近くにあって回転が起こるようなものです。遠くになるほど、単に物が浮いているような状態です。遠くにある物が太陽に引き付けられて来て、近くに来てようやく回り始めます。しかしその水もその穴に落ちて行きます。科学では周りの物質が集まって太陽や惑星になっているとしてますが、この例を考えると遠くからも太陽が引っ張って来るだけで、とても惑星が回転公転になるように思えません。それでもし全体の遠くまで回転になっているのでは台風の例があります。上で銀河の回転でも載せたのと似ています。回りに十分な雲の群れがあります。そして中心は穴が開いてます。即ち恒星が1つ独占して重さを持つようにはならないのです。しかし太陽の重さは99.85%で,外の惑星の重さが残りという事です。ところが公転している惑星を考えると,全ての惑星は重さが配分されていなくてはならないのです。それでなければ公転の力が遥か遠くまで及びません。 公転の力が遥か遠くまで及んでいるのでは,恒星の重さも外の惑星と同じような比率にならなくてはならない事になります。こういう事で恒星太陽は,木星程度の大きさにさえ成り得たかも疑問です。惑星と比べると太陽が極端に巨大なのですが,これはもし遠くまで重力の力が及んだとしますと,引き付ける力で地球はおろか木星も遥か遠くの冥王星でさえ、ただ引き込んで来てしまう筈です。それは上の洗面上の穴に例えました。ところが遥か冥王星でさえ公転になっています。それで私はこれは恒星や銀河は、初めから塊で出来ていた考えでした。物質だけが動いて来たので,恒星や銀河も出来上がって来た時は,隣り合った物同士の摩擦などで回転になって行きました。そして惑星は,恒星から飛び出た物質から出来たので,恒星の自転の力をそのまま受け継いだのです。 なお木星などのガス惑星が遠くに大きく多くある訳は、ガスだけに軽かったので重力の影響も少なく遠くに飛んで、太陽の中でも多くの量を占めていたからです。さて惑星になる物質が太陽の周りを回っていると、太陽の自転面が一番安定してる訳です。それで最初は太陽を取り囲んで全体にイタズラに取り巻いていたのですが、回転してる物質が一番速く回っているのが、太陽の自転面です。それで外の周りの物質が、その勢いの方に重力で引かれて行きました。外の例えば太陽の登頂にあったような物は、回ってなかったようなものです。それも自転面に落ちて来ました。ちなみに極端な楕円になっている彗星があります。これは遠く離れて蒸気だったものが、遠くで氷で固まった事が原因です。それで氷の塊では軽かった為に、太陽に落ちて来たのですが、しかし太陽に衝突もしないで近づいた重力で大きく振り回されて、また遠くから来た道へ投げ出されて極端な楕円になったのです。遠くで蒸気が氷になったのは、惑星になる材料が太陽恒星から飛び出た物質で出来た為です。そして多くは海王星や外の衛星などの材料になったでしょうけれど、余ったものが彗星や土星等の環の材料になった考えです。これらは蒸気であった為に、固まりにもならずに浮いていて、外の他の惑星が出来た後で残って、彗星や環の材料になった考えをしてます。それで土星などの環です。科学でもこの原因が分からないとされてます。先ず殆ど周りにあった物質は、土星などの本体に吸い込まれたでしょうし、そして幾つかの衛星の材料になった訳です。主に氷だけが分かれて環になっています。さて土星や衛星が出来た時は周りの物質が集まって出来ました。これは近くの物同士は重力で引き合って、いわば数珠つなぎという状態です。そして太陽からの遠心力と求心力で釣り合う場所に物質が集まったので、この場所には結局大きなこれらになったのです。これが軌道という場所ですが、ここで大きくなった物質は殆ど全てと言ってもいい程大きな塊で集まってしまいます。それで主に氷だけでバラバラで残っていたのは上で説明したような理由です。氷になるのに時期が遅れたのです。すなわちそこに飛び出た物質は高熱であったので、水は水蒸気状態であった事です。多くはこれでも土星や衛星にも含まれたでしょうけれど、水蒸気で残っていて、土星本体や衛星がほぼ完成していても、その時に水蒸気だけに重力の力が弱く衛星に吸い込まれなくて、後でこれが氷になった訳です。その位置がバラバラで、そして氷が軽いので重力も弱かったので大きな塊にもならずに、結局は離れ離れながら軌道を作って環状になったというのが私の考えです。ところで彗星の核は岩石のように言われてますが、そこに岩石のような物がなければ、全て氷の塊では彗星の大きさにならなかったかもしれません。それは土星などの環が小さな氷の塊の集まりのような物だからです。氷だけでは大きくなれないので、土星の環が出来ている証拠と思います。中心に岩石があって、それに氷がくっ付いて行って大きくなったのが彗星と思います。なお科学では,宇宙が60億光年からこちらに向かって若干加速で観測されるようになってからは,宇宙はこれからも広がり続けるだけで,縮まって来るような事がないという考えが一般に言われるようになってます。60億光年からこちらを観測していた科学者のチームが,超新星爆発の状況で距離と加速を判断して,若干加速で見えるという事になったのです。これは驚くべき発見とされ,空間は将来に渡って広がり続けるとされています。そしてこの発見の人達はノーベル賞を貰っています。これは宇宙が空間ごと広がった事で成り立つ話です。そしてこの加速させているエネルギーが不明とされ,これをダークエネルギーとしてます。ところが私の思考のような物質的な広がりでは,将来集まって来る理由になるのです。それは全ての物質が集まった時は途方も無い量で圧縮されて,それから縮まった勢いで反発して広がるのです。この集まった集団はかなりの大きさの球体です。それで広がる時は回りから銀河群が剥がれるように広がるイメージになり,そして遠のくのです。この時光を遥かに超す信じられない倍数の速さであっても,段々と衰えて行きます。そして後から広がっている物は,時が遅れた為に,こちらから見ると未だ加速の方が速い状態で残っています。これに対して遠くほど,先に起こった状態で加速が衰えて見えます。それで比べると,あたかもこちらに近い方が加速して見えるのです。しかし現状では違うことになります。それでこれから未だ1億年から5億年も経過した後には、近場の方も全体的に速さが衰えて来て、向こうから順繰りに遅くなって観測されると思います。今は未だ経過状態なので、錯覚して見えるようなものだと考えてます。ビッグバンというのは宇宙が誕生した直後の状態のことです。宇宙がビッグバンで「できた」と誤解している人が大変多いのですが、ビッグバンは厳密には宇宙誕生の理論ではありません。また、多くの人がビッグバン理論を「宇宙は無の状態から大爆発が起きて誕生したという理論」だと思っていますが、そうではありません。昔は宇宙というのは永久に不変で始まりも終わりも無いと信じられていて、アインシュタインでさえそう信じていました。しかし90年くらい前に宇宙は膨張しているということが発見されました。宇宙は永久不変ではなかったのです。宇宙が膨張しているなら、それを逆算して昔にさかのぼれば宇宙は小さかったのではないか、もっとさかのぼれば宇宙の全ては最初の一点から広がったのではないか、と考える学者が現れました。全てが集まった超高温の小さな一点が宇宙の最初の姿だった、ということから「火の玉宇宙論」とも呼ばれました。しかし当時はまだまだ「宇宙に始まりがあった」という概念自体が受け入れられない時代でした。そのため高名な学者からも、この火の玉宇宙論は「とんでもない大嘘」という意味のBig Bangと呼ばれてバカにされたんです。ここからビッグバン理論と呼ばれるようになりました。しかしその後の宇宙観測からは、火の玉宇宙論を裏付けるような観測結果が発見され、一転して主流の理論になったんです。ただビッグバンという言葉は広まってしまっていて、超高温の一点から大爆発で広がったイメージにピッタリなのでそのままビッグバン理論と呼ばれ続けているのです。しかしどうやってビッグバンの火の玉宇宙ができたのかはハッキリとはわかりません。無の状態から生まれたという説が有名ではありますが、なにぶん宇宙が生まれる前の事柄の痕跡なんてありませんからねえ…近所にビッグバンというパチンコ屋がある。