メッセージ一覧 それも自分が死ねば退職金で補填されるであ。。34万人月のそれも自分が死ねば退職金で補填されるであろうがすでに隣家が二軒空き家になっているこの地域では自分の家もいつか空き家になることは目に見えていたを5人でやる話 ?4万7千年生きたSE?。音楽小説を書きました
いかがですか

元カテシリーズ第907回乾電寺の大患part3

北海道エナジーC歳支社の執務室で元カテは考え事にふけっていた 元カテとは元カテゴリーマスター意味するニックネームである
彼は電気技師として電気に深い造詣を持っていた
けれども、自分を電気技師としてよりもピアニストとして規定していた
元カテが考えていたのは先日公開したエリーゼのためにが悪評を呼んでいることであった
しかし、それは元カテにとって初めてのことではなかった
自分が下手なことはすでに知っていた
けれども、それをみとめたくはなかった
もし、自分からピアノを取ったら何が残ると言うのだろうか
A川の丘の上に建つ自宅
自分への愛を失った妻
名門公立校に通う高校二年の息子
知恵袋の友人たち
岡山のソヘイルナセリ
マランツ
元チロリアンミュージック
架空ピアノ野郎
uoy
自宅のローンはまだ一千万円以上残っていた
それも、自分が死ねば退職金で補填されるであろうが、すでに隣家が二軒空き家になっているこの地域では自分の家もいつか空き家になることは目に見えていた
若いときは自分も夢があった
中国文学で奇書とされる金瓶梅を読んで胸をときめかせたこともあった
いつかは自分にもこんな愛が訪れるのであろうか
そう考えたものであった
けれども、その後、電気技師としての単調な歩みはカタツムリにも似てノロノロと退屈なだけであった
自分はお酒に逃げた
そして、知恵袋で他人を罵倒す ることで退屈な日常をどうにかしようとした

元カテは机の上にあった筆ペンで漢詩を紙に書き付けた

涼州詩

王翰

葡萄の美酒 夜光の杯
飲まんと欲して琵琶 馬上に催す
酔うて沙場に臥す 君笑う莫れ
古来征戦 幾人か回る

すると、そこに年少の同僚のMが決裁書類を持ってきて判子を求めた

「元カテ、お忙しいところ申し訳ありませんが、判子をいただけませんか」
元カテは引き出しの中から判子を取り出すと朱肉に押し付けてから書類に押した
Mは色紙に目をやると言った
「元カテは達筆ですね」
元カテは言った
「気に入ったのならあとで色紙に書いて上げよう」
Mは言った
「本当ですか」
元カテは言った
「もらってくれるか」
Mは言った
「大切にします」
Mはそう言うと元カテの執務室を去った
元カテは座っていた椅子から立ち上がると窓の外を見た
遠くをひよどりの群が飛んでいた
それは糸のようにつながり、輪のようになったかと思うとばらばらに飛んでいた

https://m youtube com/watch feature=youtu be&v=7jizSUcpPXc

元カテは歌った

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って ころんだ日の跡のささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない
縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

https://m youtube com/watch v=aXwIawYfkjg

歌い終えると、元カテは先日暴言を吐いたsotto_voce7に謝ろうと考えた

おしまいメッセージ一覧。それが現実だと分かっていても。不登校になってはじめは連続して欠席してた
けど。どんどん単位や出席日数が足りなくなってきて。あと時間授業に出席
そんな自分を生み育ててくれた母に対して罪悪感が大きく。手術回もしたの
に…。 歩けない。 もう回必要。 手術は…もう嫌。 仕事は。退職勧奨され。
自己都合退職。あなたが自死を選んで日たちました本当にそれを望んでいた
のか不安しかない毎日を過ごしています私もいつか自殺してしまわないかそれが
不安

?家族全員死ね?3年前に人生を完全に狂わされた31歳会社員の愛と。年月。母方の祖母の葬儀前日に。父親から電話があった。 「父は。『葬式
をするから金を出せ』と。兄と私に要求してきました。母方の親戚たちは