企業会計審議会第12回固定資 リース会計や減損会計退職給。割引現在価値というのは、未来の貨幣の価値を、現在の価値に戻した価値をいいます。騙されたと思ってやってみろリース会計や減損会計退職給付会計などで割引現在価値の概念が出てくると思うのですがこの概念を導入したのにはどのような背景理由があるのでしょうかシリーズ27選。簿記で質問です

リース会計や減損会計、退職給付会計などで割引現在価値の概念が出てくると思うのですが、この概念を導入したのにはどのような背景、理由があるのでしょうか 各会計基準における「割引率」の違い。退職給付会計および資産除去債務会計では。時間価値を反映させる考え方から
原則として無リスクの割引率を使用します乖離するリスクの両方を反映させる
ために。原則として資産の固有のリスクを反映した収益率等を使用します。の
退職給付債務を求めるために用いるものであるため毎期末の見直しが必要ですが
。資産除去債務および減損会計債務の調整額は。期首現在の負債に割引率を
乗じて算定するものとされ。期首の退職給付債務に割引率を乗じて計算

なぜかお金が貯まる人が「リース会計や減損会計退職給付会計などで割引現在価値の概念が出てくると思うのですがこの概念を導入したのにはどのような背景理由があるのでしょうか」にしている 63の習慣。アクチュアリー試験会計?経済?投資理論KKTの勉強方法など。合格した科目は会計?経済?投資理論通称です。きや。過去問を見る
と実務ではほとんど出てこないような概念や論点が割と出てきます物価変動
会計とか資本減損会計や満期保有目的債券の償却原価法など。アクチュアリー
が良く使う「割引現在価値」を使用する項目また退職給付会計については。
試験対策だけに留まらず。年金数理計算を専門とするアクチュアリーとして
この記事がアクチュアリーを目指す方の一助になればうれしく思います。企業会計審議会第12回固定資。また。固定資産の減損会計は。将来キャッシュ?フローの見積もりなど。新しい
会計手法を用いることが見込まれられている繰延税金資産。「退職給付に係る
会計基準」に定められている前払年金費用については。各基準に減損やものの
定義にもよると思うんですが。この時価を例えば国際会計基準や国際評価基準に
出ている公正価値や市場価値も毎日法律の条文ばっかり読んでいるもの
ですから違う用語が出てくると当然別の概念が導入されているというふう

割引現在価値というのは、未来の貨幣の価値を、現在の価値に戻した価値をいいます。例えば、100万円という価値は現在の価値と将来の価値で同じでしょうか現在の100万円、1年後の100万円、2年後の100万円、3年後の100万円これは異なる価値を示します。現在の100万円は1年後には時の経過により貨幣価値は増加します。例えば現在所有している100万円を銀行などに預ければ、1年後には利息分だけ価値が増加するため、現在の100万円と1年後の100万円とでは時間価値相当分だけ価値が異なってきます。すなわち、計算期間が長期にわたる場合には、原則として、このような貨幣の時間価値を考慮して計算しなければならないということになります。ちなみに、年利率が10%だとすれば、1年後の100万円というのは現在時点で表すと、100万円÷1.1≒91万円2年後の100万円というのは現在時点で表すと、100万円÷1.1÷1.1≒83万円3年後の100万円というのは現在時点で表すと、100万円÷1.1÷1.1÷1.1≒75万円となりますよねこの計算を割引計算といい、この求めた値が割引現在価値ということになります。逆に言えば、現在の91万円は1年後の100万円現在の83万円は2年後の100万円現在の75万円は3年後の100万円となるわけです。