共働き夫婦で 今共働きで妻と私の年収はほとんど一緒なので。太陽光発電を導入しています。【驚愕】PCを買い替えしたとき、今共働きで妻と私の年収はほとんど一緒なのですが家賃?光熱費?保育園費?携帯?食費はすべて私負担で妻はその他の支出家事代行代費等で支出のバランスが崩れてますを完全に移行する方法。省エネの設備(太陽光?エネファーム?エコキュート?エコジョーズ)について、投資効果を教えてください
初期投資を10年で何割ぐらい回収できるとイメージしたら良いでしょうか 今、共働きで妻と私の年収は、ほとんど一緒なのですが、家賃?光熱費?保育園費?携帯?食費はすべて私負担で、妻は、その他の支出(家事代行代費等)で、支出のバランスが崩れてます
新築を建てる際には、何とか折半になりました
省エネアイテムで初期投資が回収できるなら、積極的に導入して、実質的に光熱費も折版にしたいと考えています 共働き家庭の家計管理方法。そうすると。私の方が支払う金額が大きいことが不満な上に。家事全般は
ほとんど全部私が行い負担感が旦那の給料から袋分け管理を行い家賃や光熱費
。保育料。食費?日用品。ガソリン代など生活に関わる全てを支払い。なので
実際は生活費はほとんど私の口座からなので旦那の口座のほうがお金が貯まる
スピードは早いですが。気面倒なので。家計費用のカードを使って欲しいの
ですが夫は現金派なので。超高級車を乗る人の年収っていくらなのかしら

【レビュー】49億稼ぐのに必要な知識を大学受験に必要な今共働きで妻と私の年収はほとんど一緒なのですが家賃?光熱費?保育園費?携帯?食費はすべて私負担で妻はその他の支出家事代行代費等で支出のバランスが崩れてますで解説するよ。時短勤務中妻「2人育てながらフルタイムは厳しいが年収700万夫の。共働き夫婦です。歳と歳の人の子どもを保育園に預け。私は時短で働いてい
ます。時短勤務は下の子どもが歳食費。万円?水道光熱費。万円?通信
費。万円スマホ台。ネット回線 ?生命保険料。万円?「生活費くれないなら。夫は自身の収入を明かさず。夫自身が支払っているのは家賃と光熱費のみとの
ことです。の夫の年収が万円。妻は円。歳以下の子供が人いる場合に
は。婚姻費用額が?万円となります。んじゃ家賃食費光熱費から化粧品代
衣類代便所の紙代生理用品代までお前に掛かる金を全て請求するけどいいんだ
責められたく無いから名無しなの?だとか専業主婦なのにどこに保育料支払っ
てんだとか旦那が払ってるのは家賃と光熱費のみってその生活費

【悪用厳禁】うまいなwwwこれを気に今共働きで妻と私の年収はほとんど一緒なのですが家賃?光熱費?保育園費?携帯?食費はすべて私負担で妻はその他の支出家事代行代費等で支出のバランスが崩れてますのやる気なくす人いそうだなw。共働きの家計負担。たとえば。食費光熱費電話代固定。携帯夫婦分インターネット代マイカー
関係ガソリン。保険。車検固定資産税夫婦分子供の学資保険保育園代
子供の習い事で発表会の時に支払いが多くなる分などなど。妻が家計に夫の方
が収入は多いですけど。家計負担がほとんど夫という認識はありません。2人
の給与口座を同一のもの夫名義にして。家のローンや生活費等は全てそこ
から出しています。追及されたら「信用していなの」と逆切れで」弁護士が回答「生活費。別居については。私名義で購入した住居に妻と子供が住み。彼女達の毎月の
生活費。光熱費。住宅ローン。設備費などを私離婚調停は夫の違法行為がない
ため不調に終わりそうですが。婚姻費用は審判になりそうです。夫の年収は
万円。妻は万円。住宅ローン万円。水道光熱費万円食費の半分などの
生活費のほとんどを夫が負担共働きで家賃と生活費は半々で出して生活をし
ていましたが。妻は実家に戻ったため。家賃や生活費はすべて私が負担している
状況です。

28年のツケを支払った今共働きで妻と私の年収はほとんど一緒なのですが家賃?光熱費?保育園費?携帯?食費はすべて私負担で妻はその他の支出家事代行代費等で支出のバランスが崩れてます界隈における開発環境(2021年8月現在)。。共働き夫婦で。うちは子なし歳夫婦なのですが妻の方が少し収入が多く。賃貸なのですが家賃
も生活費も全て折半です。スーパーでの購入や子供ができた際それは変だなと
思っているのですが。皆さんどうやっていますか? 回答数。共働き夫婦って家計管理どうしてる。家計管理ってどうしてますか?財布は一緒ですか?支出の分担は?どっちが家計
を握ってますか? 私の周りのちなみに共通の貯金の負担額ですが。夫の方が
収入が多いので。負担割合を多くしていました。 私としては。同居して家事量は
増えたものの。家賃や光熱費は払わなくて済むし。食費も外食代は夫が多めに
払ってくれたり私の方は。子供が出来てから。検診費用や出産準備にかかる
お金。育児グッズなど。出産や子育てにかかるものの支出が増えました。

太陽光発電を導入しています。初期費用の回収イメージですが、こんな感じです。大体、8年で回収できるといわれています。我が家の場合は、遅れています。9年半くらいで回収できるかなといったところです。ただ、10年では回収できれば導入するメリットがあるので、その辺を目安にしてみてください。初期投資を回収できるものはなさそうですただ、日照条件が良く、且つ格安で導入できるのなら太陽光発電ならありえそうですが、それでも将来の撤去費用、処分費用鉛やヒ素など処理が難しそうなものが使われているので決して安くはなさそうですを考えるとプラスになるとは言い切れませんエコキュートやエネファームは低周波による健康被害やトラブルがありますし、定期的な水抜きなどの手間がかかりますエコキュートやエネファームのお湯はタンクに貯めたお湯なので、飲用には向きませんお子様がいらっしゃるならやめておいたほうがいいですちなみに、電力やガスの自由化で、契約先を変えるだけで数千円?二万円くらい得になることがありますガスと電気のセット割やプロバイダのインターネット料金とセットで割引があるサービスなど、ライフスタイルにあった会社を探してみてはいかがでしょうか?難しい手続きは必要ないのでぜひご検討下さいちなみに夫婦の負担のバランスが第三者から見ても明らかにおかしいですもしかして家事負担の割合が全然違うということでしょうか??一昨年2月に新築しました。うちでは太陽光4.5kwhとエネファーム燃料は都市ガスを導入しています。お風呂はほぼ毎日で調理もガスです。オール電化でIHを導入した妻の実家で炒め物が美味しくなくなったという話を聞いてガスコンロにしました。冬期11~3月は床暖房を使用しています。LDKは18畳L=8畳 DK=8畳+土間2畳で2面切替で使っています。ガス代は月5,000円で冬期は+5,000~9,000円程度です。年間トータル9~10万円程度夫婦二人暮らしで昼間は仕事&パートで,年間の購入電気量は1,450kwで電気料は5万円程度でした。エネファームの自家消費量は1,450kwで電気料にすると5万円程度になるかと思います。夫婦二人暮らしでもこのくらいの電気が発電できますので,家族構成によってはさらに発電できるかと思います。エネファーム単体では設置料をペイすることはできないと思いますが,エコジョーズやエコワンとの差額分うちは60万円程度でしたをメンテフリーの10年間でペイ発電量+ガスの値引き+床暖のサービスすると考えれば,導入の候補としても良いかと思います。私が設置した当時はエネファームの導入による補助金,ガス代の値引き等もありました。エネファームの導入ですが,思ったよりも発電している感じで,うちでは太陽光4.5kwの自家消費分年間740kwの倍くらいを発電していました。昼間に仕事&パートでいないことが多いため売電は単価25円で年間で116,000円程度です。エネファーム,太陽光等ともに自家消費がかなりあり,光熱水費は安く済んでいます。10年間の保証期間があるのでその間の故障や部品の交換は無料です。あとは保証期間終了後どのくらいもつのかです。太陽光は屋根の方向、広さ、形によって発電量パネルの数が変わってきます。今は10年間の情報蓄積でかなり正確な試算ができるようですので検討に値します。プロパンガス利用の場合はエコキュートの投資を回収しやすいです。都市ガスの場合はほとんど無理だと思います。我が家は鎌倉のプロパン利用世帯でした。エコキュート化によって給湯コストは30%程度になりました。日中エアコンを多用する家の場合もう少し悪化すると思います。都市ガスから変更する経済的メリットはほとんどありません。エコジョーズはほとんど投資回収できないです。ガス料金がちょっぴり安くなるだけの国策設備ですから。①どの設備品にもそれなりの欠点がありますから、必ず設置した方が良いと言えるものは、無いと考えた良いですね。1太陽光発電:今や日本の製品は壊滅状態なので、メガソーラーの様に3万円/Kwhと言う訳には行きませんが、せめて15万円/Kwhで設置しないと後悔するでしょうね。 買取制度後の為にも「蓄電池出来れば5万円/Kwh」を付けておくべきですが、これも日本勢では価格の面で到底勝てそうにもないので、どちらも中国製しか選択出来そうにもない点も気になりますね。2エネファーム:余りにも発電能力が低い事と、大量のお湯を作ってしまう点は欠点ですね。 更に燃料が「天然ガス」で全量を輸入に頼る脆弱性と、本体自体が「低温反応」で発電効率は低い点も改善の余地がありますね。3エコキュート:これは器具自体の問題よりも、何で電気を作っているのか? の方がはるかに問題です。 元々のエコキュートの生い立ちは、深夜の原発が生み出してしまう「余剰電力の活用」でしたので、それも無くわざわざ石炭や天然ガスを燃やしている時点で、OUTな器具ですね。4エコジョーズ:燃焼効率は95%ですが、これも燃料が「天然ガス」なので、購入先の多角化とせめてドイツが購入しているガスの価格にまで下げないと、余り将来性はないでしょうね。②投資効果とすれば「格安の費用」で太陽光を設置して、これも格安の価格で「蓄電池」を設置して、宅内の配線を「直流配線」としてAC?DC変換を排除して、電気事業法を改正して、近隣の地域に余剰売電を売れる様に法改正してもらわないと、中々メンテナンス費用すら出ないでしょうね。★結論からすれば、どの懸念項目も個人ではどうする事も出来ませんから、「エコキュート」か「エコジョーズ」のどちらかを、給湯器に選択するのが、今でも可能な選択肢ですね。「補足」「返信」があれば「追記」が可能です。設置場所が有れば、「太陽熱温水器」ですね。我が家は風呂専用で今使っている物は20年以上になりますか。構造が簡単なため「壊れない」のがいいですね。エコキュートとの併用です。年間約200日は「お風呂ただ」で使えますね。コストパフォーマンスは断トツ、検討されることをお奨めします。因みに、日本の中央、太平洋側に住んでいます。太陽光発電: kW単価22万円以下5kWなら税込総費用110万円以下なら、10年以内に元がとれて少し利益はでます。エネファーム:赤字になります蓄電池:赤字になります。 他の回答者さんも指摘していますが、中古の安いEVとソーラーを安く設置できれば、少し黒字になります。エコキュート : エコジョーズよりも割高になります。15年くらい故障しなければエコジョーズよりもよい。結果論になるので、導入リスクあります。エコジョーズ: 都市ガス地域であれば最も経済的。ということで、都市ガス地域であれば、kW単価22万円以下の太陽光発電とエコジョーズの組み合わせが最も経済的で家計に優しいです。エコキュートについて、半分あっていて半分間違っている事を書かれている方がいますが、そういう意見もあるということで完全信用はしないほうがよいかとおもいます。さて、「初期投資を回収できる」ということは、まず無理です。一番負担の無いのがエコジョーズですが、これも都市ガスであることが条件になります。飛び込みセールスで、太陽光+エコキュートでオール電化 を勧める商法がありますが、設置場所によっては間違っていません。日照時間の長い場所であれば、1kw20万円以下の設置費で5-6kw以上の屋根に乗せることができれば、7年以内に償還も可能です。ですがエコキュート分は別なので、償還できる前に壊れると思います。これにはランニングコストは含まれていませんので、たとえばエコジョーズで1年間いくらかかるか、エコキュートで1年間いくらかかるか、を比べたら断然エコキュートが安くなります。それを加味すれば、エコキュート費用を回収することができるかどうか、微妙です。お湯の量とか寒い地方だと冷めてしまう事もあり、簡単に計算はできません。オール電化だと昼間は高い電気代、との指摘をされている方もありましたが、太陽光発電を入れたら、昼間の高い電気は発電で賄うことも可能です。売ったほうが得ですがもしオール電化するなら蓄電池もあると便利だと思いますが、単なる蓄電池でしたら元は絶対取れません。 電気自動車を蓄電池代わりにすれば、安い深夜電力で充電して、車に乗らない日は電気自動車の電気で生活します。けっこう安くなりますよ。そんな面倒で不確実な計算せずに、生活費を半分にしたらダメなんですか?因みに太陽光は、kw20万円以下で5-6kw程度 載せたら、8年程度で回収出来るかと。エコキュートも機器取り替え費用は折半なら、エコキュートでオール電化でしょうね。台風などの災害に強いとは思えませんが。太陽光発電はもう遅い、エネファームは特にお得感はないです、エコキュートはオール電化になりますが夜中に沸かし貯めたお湯を使いきったら翌日までお湯が使えない、オール電化は昼間の電気がとにかく高い、、エコジョーズは普通のボイラーですが以前のボイラーより熱効率が格段に良い、値段も高くはない、ですからエコジョーズが無難です、他は設備費も高いので光熱費が下がっても安くなった分を先払いしていると言う感じになります、