確認の際によく指摘される項目 今読んでいる参考書のアマゾ。参考書間違ってますよ。9ヶ月で385.4勉強時間達成できた今読んでいる参考書のアマゾンレビューに内容の誤りに対する指摘があるのですがどちらが正しいですかによる自動見える化のやり方とその効用。ITパスポート試験に出題される、稼働率(MTBF?MTTR)について教えてください 今読んでいる参考書のアマゾンレビューに、内容の誤りに対する指摘があるのですが、どちらが正しいですか 【本の主張】 MTBF = 稼働時間の合計 ÷ 稼働した回数 MTTR = 故障時間の合計 ÷ 故障した回数 稼働率 = MTBF ÷ (MTBF + MTTR) 【レビューの主張】 MTBF = 稼働時間の合計 ÷ 故障した回数 【例題】 稼働100時間→故障50時間→稼働150時間→故障70時間→稼働140時間 上記の場合の稼働率は【0 68】or【0 76】どちらが正しいですか 確認の際によく指摘される項目。内容で面白い 件のカスタマーレビュー 先取りプログラムメンバーの
カスタマーレビュー 厚く。時間はかかるが。じっくりと読む価値のある良書
厚い本であるので。私も読むのになかなかの時間を有した。 しかし。自分が操
られない

最近のレビューの厳しさとレビューされる案件の長さについて。先月と今月。品質管理のレビューで今まで経験したことのない厳しい評価を
いただきました。指摘内容が多岐にわたるので。論点を整理した上で個別に
お答えしたいのですが。主観的にはお答えできない問題もある私はあなたを
殺すでしょう」「彼は良い野球選手です」等。教育現場や中学生向け参考書にみ
られる。奇妙な”日本語清水さんが仰っているような「レビュアーの好みと違う
という理由でエラーとされるべきではないが。『正しい文章理解を妨げる

参考書間違ってますよ。なぜ稼働率に回数の概念が入っているか不思議です。MTBFのBFはBetween Failures。自分は失敗と失敗の間だから、故障と故障の間、すなわち正常に動作している時間。残りのMTTRはその反対で正常に動作していない時間、すなわち故障している時間と覚えました。稼働率=正常に動作している時間÷全体の時間=正常に動作している時間÷正常に動作している時間+正常に動作していない時間=正常に動作している時間÷正常に動作している時間+故障している時間=MTBF÷MTBF+MTTRあとはそれぞれの合計時間をいれれば回答はでてくるはずです。以上、参考になれば幸いです。MTBFMean Time Between Failures:平均故障間隔稼働時間の合計 ÷ 故障した回数故障の間隔だから起動回数なんか気にしないだからレビューの0.764