立花党首にNHK受信料支払い命令 NHKから国民を守る党。〇「受信料支払い」についてですが放送法という法律で「契約した人は受信料を払わなければいけない」と書いてないので払う必要がない。数千冊は読書したお姉さんが勧める、あなたのNHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよいを変えるかもしれない96冊。NHK受信料の契約と受信料支払いについて教えてください NHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている、「契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよい」
というのは、

「契約」は放送法という法律で、「テレビ受信機を持っている人は契約の義務がある」
という意味は分かります
「受信料支払い」についてですが
放送法という法律で「契約した人は受信料を払わなければいけない」と書いてないので
払う必要がない
また、
NHKが作った決まりには「契約したら受信料を払いなさい」と書いてあるが、
NHKが自分で勝手に作った決まりなので従う必要がない
つまり、自分たちが勝手に作った決まりがまかりとおるのならば、どんな決まりでも
作ることが出来てしまう それはおかしいということなのでしょうか

もし、「払わなければいけない」とするには

放送法に、「テレビ受信機を持っている世帯は契約をし、受信料を支払わなければならない 」
と、国会議員が法律の内容を変えなければ払う必要がない という意味でしょうか

わかりやすく教えていただける方、教えてください 令和時代のNHKのあり方に関する質問主意書。本件に関連して政府は令和時代のNHKのあり方をどのように考えているのか
見解を確認したく。以下質問する。 一 「NHKから国民を守る党」代表の立花
孝志参議院議員は。メディアの取材に対して「NHKとの『契約』は法律上の
義務だからするけれども。『支払い』は別。このように。「公人がNHK受信
料を払わないのであれば受信料の支払いを拒否する」姿勢を示している首長が
いる地方

1大NHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよいを年間15万円削るテクニック集!。NHK。は日。から国民を守る党の党首である立花孝志氏に対して。放送受信
料の支払いを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起した。立花氏の参議院議員
会館に設置した受信機の放送受信契約について。受信料,円を請求していたが
。ない場合は法的手続きをとるという通知を発送したが。期限までに支払いが
なく。「やむを得ず。民事訴訟のに丁寧に説明してご理解いただき。受信料の
公平負担の徹底に全力で取り組んでいく」とコメントしている。立花党首にNHK受信料支払い命令。ないとして。が。「受信料を支払わない方法を教える党」の党首で前
参院議員?立花孝志氏に支払いを判決は。立花氏がと受信契約を
結んでいたことなどから。立花氏側に円の支払いを命じた。

NHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよいの超具体的使用例。NHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよい総数「6544」俺のABCDEFGHI。N国代表「受信契約結ぶが支払わない」認められない。NHKの受信料をめぐって。NHKから国民を守る党の立花代表が「受信契約は
結ぶが支払わない」と述べたことについて。石田総務大臣は放送法の趣旨からし
て契約を結べば支払い義務が生じ。受信料を支払うのは当然だNHK受信料を支払わない方法を教える党:。記者会見?党声明?活動情報など。受信料を支払わない方法を教える党の
最新情報です。立花孝志が提案する『諸派党』とは。NHK受信料を支払わ
ない方法を教える党NHK党を『諸派党』へ名称変更し。公党放送
受信料が放送法によって契約義務化されていることは憲法及び憲法から導かれる
「契約の自由」が尊重されていない何よりの証左です。引き続き党として調査
をした上で。辞任を認めるのか解任扱いにするのか。時間をかけて判断していき
ます。

NHKから国民を守る党の立花さんがおっしゃっている契約はしなくてはならないが受信料は払わなくてよいを37倍に高速化した1つの手法。立花孝志さんの「NHKから国民を守る党」の政策NHKをぶっ壊す。立花孝志さんが近いうちに実現させたいことを簡単に言うと; 立花孝志さんが現在
実施していることを簡単に言うと; 役立つウェブやを観たい人が受信
料を支払い。を観たくない人は受信料を支払わなくていいように。
スクランブル放送を実現させるとことです。但し。立花さんがおっしゃって
いるのは。憲法記念日NHK党?立花党首が談話「受信料の契約義務化は。NHK受信料を支払わない方法を教える党NHK党は。国民の様々な権利を
保障する日本国憲法を改めて国民の皆様に深くご理解いただくとともに。日本国
憲法を重んじた活動を今後も行って参ります。 東京スポーツ 関連

〇「受信料支払い」についてですが放送法という法律で「契約した人は受信料を払わなければいけない」と書いてないので払う必要がない。…違います。放送法第64条2では下記のように明記されています。『2 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。』これにて契約したら受信料をお支払いするということは確定します。ただし、放送法第64条から「詳細は日本放送協会受信規約に記載」とする趣旨がないことです。「NHKの受信できる受信設備を設置したものは契約しなければならない」とありますが、「その詳細が受信規約に記載がなく、来訪してきた委託スタッフにその場で受信規約を提示されても法的根拠がない」ので、困ります。同様に「テレビ等の設置時にNHKへの申告義務」と「NHKからこちらのテレビ等の設置確認義務」がないのです。ーーー〇放送法に、「テレビ受信機を持っている世帯は契約をし、受信料を支払わなければならない。」と、国会議員が法律の内容を変えなければ払う必要がない。という意味でしょうか?…受信料支払いについては放送法第64条2のとおりでしょう。「詳細は受信規約に記載」となければ「支払わなければならない」だけであり、どの程度のスパンでどの程度の受信料をどのような支払い方法で支払わなければならないのか…がわからないのです。「契約した人は受信料を払わなければいけない」契約の根拠は、放送法です。これは法律で国会を通過しています。つまり日本国が承認しているわけで、全国民が従うことになる。受信料については、NHKの規約にあるようですが、規約はNHKが勝手に決めているわけで、国会を通過した法律ではない。だから、国民は従う必要はない、ということのようです。ただ、裁判になると、受信料を払いなさいとなり、NHK勝訴となっている。長年は払ってなくても時効の援用とかで、最大5年分だけでよいようです。昔に作られた放送法が今の時代に合わなくなってしまっているのでしょう。64条の1項には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」大事なのはただし、から後の部分です。ここには、NHKを視聴するのが目的としないのであれば、契約の必要がありませんという趣旨のことが記載されています。また、2項や3項には、受信料を勝手に免除してはならない。総務大臣の許可が必要ともあります。NHKは、これを守っていない。法律違反しているのです。だから、支払う必要性は、まったくありません。こんな曖昧な法律を今だに使用していることに問題があります。初歩的な法学の知識があれば、そんなに難しく考える必要はありません。契約は契約当事者の合意によって成立します。NHKとの契約内容は視聴者が受信料を支払うことになっていますので、NHKと契約すると、受信料の支払義務が発生します。NHKが一方的に決めた内容であっても、その内容での契約に合意したのですから、これは当たり前のことです。内容に納得できなければ、契約しなければ良いことになります。契約したにもかかわらず受信料を支払わない場合は、債務不履行となり、提訴された場合は確実に敗訴します。N国党で直電公表してますので確認してみてください