解と係数の関係 1=0の2解をαβとするとき次の式の値を。x。49年勉めて幹部もやった1=0の2解をαβとするとき次の式の値を求めよを辞めることになったので、愚痴る。【入門用】。(x 1)(x 2)+(x 2)(x 3)+(x 3)(x 1)=0の2解をα、βとするとき、次の式の値を求めよ
?(2 α)(2 β)
?αβ 1。$/{} $ 例題$$ 解と係数の関係 [ $$ 次方程式 $^{}++=$ のつの
解を$α,β$ とするとき,次の式の値を求めよ$$ $//$ $α+β$ $//
$ $αβ$ $//$ $α^{}+β^{}$ $/// {} {α}+/ {} {β}$解と係数の関係。例 ++= の2つの解を α,β とするとき,α+β,αβ の値を求めたいとき α,β=
?± √√ だから全題中 ] [採点する] [やり直す] [次の問題]
2次方程式 – += の2つの解の比が のとき,定数 の値を求めよ.

解と係数の関係。例題次方程式 – + = の解を α , β とするとき。次の値を求めよ。
α + β α + β α + β二次方程式x2+2x+5=0の2つの解をα,βとするとき。約年前 上の方は間違ってます仮に=-やを2++=に代入してみてください
。成り立たちません 2++= の解をα。βとすると。α+β=-/。αβ=/ です。
これが解と係数の関係ですこれを利用すると α+β=-。αβ= に

x-1x-2+x-2x-3+x-3x-1=3x-αx-βx=2を両辺に代入すると-1=32-α2-β ∴2-α2-β=-1/3x=0〃 11=3αβ ∴αβ=11/3x-1x-2+x-2x-3+x-3x-1=3×2-12x+11ですから、解と係数の関係より、α+β=4、αβ=11/3よって、2-α2-β=4-2α+β+αβ=4-8+11/3=-1/3×2-3x+2+x2-5x+6+x2-4x+3=3×2-12x+11=0α+β=4αβ=11/3αβ-2α+β+4=11/3-8+4=-?