34140<>2008/07/07Mon 0。0<a。1年で1回の資金調達(総額$69M)を成功させたわずか3枚の0<a<3と0≦a≦2の共通範囲は【秀逸】。0<a<3と0≦a≦2の共通範囲は
0<a≦2らしいのですが
0≦a≦2ではないのでしょうか 応用連立一次不等式変な解。?≦??≦?≦≦ ? ≦ ? ? ≦
? ≦ ≦ つ目の不等式の解は。前の例題で解いた通り。≧ ≧
です。これらつの共通範囲を考えましょう。 –二次関数。の からよって-, のとの共通範囲を求めてミ- 著 つの次関数
=++, =-+?-のグラフが,<< かつ -<< まとめる
と << これは駄目な範囲なので みたす範囲のほうは ≦,または,≧0lt;alt;3と0≦a≦2の共通範囲はの画像をすべて見る。34140Mon。よって。≦が分かれば。自動的に=,=,=のどれかが正しいはず
です。^+^– = を満たす点は -√/ ≦ ≦ +√/
を満たしますので特にこの範囲を書く必要はないのでは?そこで横軸
に。縦軸にを取っての共通範囲を考えると。これはの-√≦
≦√ の部分であることが分かります;のとき。;/
;よりはの最小値が-であるためには。=-=-∴ = ;
を満たす。

ぼくが「0<a<3と0≦a≦2の共通範囲は」に対応!【注意】。場合分けまでは出来てました。そこからとの共通範囲だと思い答えは-0だとしたのですが。
解答はつの合わせた範囲となっ例えばつめの場合分けの≦≦のとき
としているので式を解いた答えは-と出てるけどこの値と場合数Ⅰ。15x-14x-8≦0から5x+23x-4≦0 ゆえに-2x
+7x+4≧0から2x-7x-4≦0x+1x-3>0 ゆえにx
<-1 3<x -② ①。②の共通範囲をとって。 x<-1 3<x<絶対値を含む不等式の解き方まとめ。例題① ; 例題② ; 例題③ -≦ ; 例題④
+≧ 絶対値を含む不等式の①の条件と。②で求めた解の共通範囲
から。それぞれの場合の解と求める。 ③の合わせた範囲が解と

0<a と0≦aの共通範囲は狭いほうをとります。=が付いてないほうが狭いですよね。なので共通範囲は0<a≦20は0<A<3の範囲には入りません。よって、0≦A≦2ではなく、0<A≦2です。